IFCがdRofusクライアントで接続に失敗する

IFCファイルが接続に失敗した場合の最も一般的な問題は、IFCファイルの合計サイズです。


dRofusクライアントのモデル接続の現在のバージョンは、32ビット環境で動作します。つまり、最大で40億(4 000 000 000)のBIMオブジェクト/参照を保持できます。では、これはどういう意味ですか?それは、モデルが大きすぎるかどうかを決定するのは、実際にはバイト単位のモデルサイズではないことを意味します。これは、モデル内のすべてのIFCファイルで構成されるオブジェクト/参照の数です。ただし、経験上、クライアントでモデル接続テクノロジを使用する場合は、通常、モデルの合計サイズが300mbを超えないようにすることをお勧めします。


ファイルサイズを減らすための推奨される解決策

BIMプロジェクトでIFCファイルのファイルサイズを縮小する方法はいくつかあります。このセクションでは、2つの可能な方法を示します。


BIMオーサリングツール (Authoring Tool) でのエクスポートを制限する

ほとんどのBIMオーサンリングツールには、IFCエクスポートから特定のオブジェクトを除外する機能があります。 一例として、このページの「RevitからdRofusへのIFCエクスポート」で説明されているRevitの「IFCオプション」があります。 大きなIFCファイルで苦労している場合は、特定のオブジェクトを除外できるかどうかを検討することをお勧めします。


エクスポート後にオブジェクトを削除するには、サードパートのIFC編集ツールを使用します

他のベンダーも、エクスポート後にIFCモデルをクリーンアップおよび簡素化するためのツールを提供しています。
その点で便利なツールは、例えば) Solibri IFC OptimizerSimplebim.


この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。